正しい掃除の仕方

こんな掃除は液晶テレビをダメにする!?正しい掃除方法とは

一度購入したテレビは長く大切に使いたい、また、液晶テレビであれば、より良い画像で見たいと思う方は多いことでしょう。
長く、そして少しでも良い状態で鑑賞し続けるためには、日頃のお手入れが大切です。
特に液晶画面は、掃除方法によってはテレビ画面をダメにしてしまうこともあります。
特にデリケートな液晶パネル部は、最初にやわらかいブラシなどで埃を取り、その後に綿や綿フランネルのような柔らかい素材の布で軽くことがよいとされています。
間違えても、ティッシュや雑巾などでは拭かないように注意することが必要です。
基本的には乾拭きが良いのですが、なかなか汚れが落ちない場合には、少し湿り気があった布で拭きます。
ただし、水分は、場合によっては画面を余計に見にくくしてしまったり、水分がテレビ内部に入ってしまうと故障の原因につながることもありますので、できるだけ、専用の洗剤を使用しておくことがよいでしょう。
アルコール類や洗剤、また、水道水も、液晶パネルを傷めてしまうことがあるため、使用しないでおきましょう。
日頃から正しい掃除方法でお手入れして、使用していないときにはカバーなどをかけておくと、長く楽しむことができます。

液晶テレビの正しい掃除の仕方

液晶テレビとは液晶を用いたディスプレイを使用したテレビのことです。
液晶ディスプレイの表示原理は外光やフロントライト、バックライトなどから発せられた光を部分的に遮断したりしなかったりにより表示を行います。
掃除の際には埃が溜まりやすい部分でもあり、気になる部分の一つなのですがお手入れの仕方を間違えると画面に傷が出来てしまい傷ついた部分では正常に表示されなくなったりするのでお手入れの難しい部分でもあります。
一般的に液晶ディスプレイのお手入れのポイントは水を使うということです。
液晶ディスプレイに水は大丈夫なのかという疑問を持つ人も多くいますが、柔らかい布に少量の水を含ませたもので軽くなでるように拭くのがポイントです。
一回で拭こうとしてしまうと力が入ってしまいこびりついた埃などがディスプレイを傷つける恐れもあるので軽くなでるように何回も拭くことが重要です。
また軽く拭くだけでは取れない汚れには、ぬるま湯を使うことで格段に汚れがおちやすいと言われています。

check

最終更新日:2017/6/6